業務自動化とプログラミングのためのTips

自動化.work

GAS

[GAS] JSONで郵便番号から住所を取得してセルに書き込む

更新日:

郵便番号を入力したら自動的に正確な住所をセルに入力してくれたら楽ですね。
今回はGAS(Google Apps Script)での自動化になります。

GASでセルの値を変更したときにスクリプトを動作させる方法は2つあります。

onEdit()関数を使用する

セルの値が変更された時に自動的にonEdit()が実行されます。基本的にはonEdit()を使用すれば問題ありませんが、onEdit()にはHTTPのアクセスができないなどの制限があります。

トリガーを使用する

トリガーはスプレッドシート上での編集や、一定時間ごとに関数を呼び出すことができる機能です。トリガーでスクリプトを実行した場合はonEdit()にあるような制限はありません。

そのため今回はトリガーを使用してスプレッドシート変更時に自動的に郵便番号が入るスクリプトを作ります。

住所の取得は郵便番号検索APIを使用しています。
http://zipcloud.ibsnet.co.jp/doc/api

下記のような形でURLに指定してアクセスすると住所がJSON形式で返ってきます。郵便番号はハイフンありなしどちらでも大丈夫です。
http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode=郵便番号

コード

できたスクリプトのトリガーを設定すれば完了です。

このスクリプトでは正常に住所が取得できない郵便番号が入力されたセルは赤色になるようにしています。


-GAS
-,

Copyright© 自動化.work , 2019 All Rights Reserved.