業務自動化とプログラミングのためのTips

自動化.work

Go

Go言語とbeegaeによるWebアプリケーション開発(インストール)

更新日:

Go言語用のWeb Application Framework(WAF)はいくつかあります。
その中でもフルスタックかつGoogle App Engine(GAE)をサポートしているWAFはbeegaeです。
beegaeはbeegoのGAE対応版になります。

通常のbeegoでは内部的にGAEでは使用できない機能を使用しており、実行しようとするとエラーが出て正常にビルドできません。
そのため、GAE以外でbeegoを使用する場合は通常のbeego、GAE上でbeegoを使用する場合はbeegaeをimportする必要があります。

beegaeの導入手順

beegaeのインストール方法はbeegaeのgithubに記載があります。

GitHub - astaxie/beegae: beego for GAE

以下はimport手順です。

app.yamlの作成

次にapp.yamlの作成となります。
GAEのapp.yamlの記述方法の詳しい説明はGoogle Cloudのページにあります。

app.yaml Reference | App Engine standard environment for Go | Google Cloud

beegaeのページではスタンダード環境とフレキシブル環境の2通りの記述方法が紹介されています。
両環境の違いについてはGoogle Cloudのページに説明があります。

App Engine スタンダード環境ユーザーのための App Engine フレキシブル環境 | Java の App Engine フレキシブル環境に関するドキュメント | Google Cloud

上記説明はJavaの日本語ページですが(Goのページは英語のみ)、動作はGoでも同じです。

通常はタンダード環境のapp.yamlで問題ありません。

ファイルの書き換え

最後にgofmtでファイルを書き換えて、各ファイルを移動します。

通常のApp Engineで動作させるためにはmain関数をinit関数に書き換えます。

実行

実行してhttp://localhost:8080にアクセスして以下のページが表示されれば正常に動作しています。

beegae index page

http://localhost:8000にアクセスすると動作中のApp Engineの状態が確認できます。

GAE status


-Go
-, ,

Copyright© 自動化.work , 2019 All Rights Reserved.